恋愛をしない人が増えている

私は現在、30代前半で既婚です。私は愛する人と出会い、結婚して幸せに暮らしています。10代、20代の頃は、彼女がいない時、出会いを求めて色々な行動をしていました。

友達の紹介や、地元の先輩の紹介、職場の先輩の紹介、合コン、20代後半は婚活パーティーなど、出会いの場を求めて積極的に行動していました。

テレビやニュースを見ていると、恋愛をしない若者が増えていると報道されていました。ある番組では、恋愛は面倒だ、男友達と遊んでいる方が楽しいと言っている若者がいました。

男性の場合はそれが童貞をこじらせる原因となってしまいます。出会い系で童貞卒業というサイトでもモテない原因には様々な理由があることが挙げられています。

私は恋愛は面倒と言っている若者は、面倒と思うぐらい恋愛をしてきたのかと思いました。男友達と遊んでいる方が楽しいという発言にも驚きました。

以前、妻と京都に旅行に行った時、観光地を歩いていると、若い男の子たちが4人で旅行していました。みんな浴衣みたいな格好でした。すると、自撮り棒を伸ばし、男4人がスマートフォンのカメラに集まり、写真を撮っていました。

私が若い頃には考えられない行動です。まず、男だけで旅行に行くという発想が私にはありません。時間とお金の無駄だと思ってしまいます。私は男より、女と旅行した方が楽しいです。

私の職場の後輩は、好きな子がいるけど、どのようにアプローチしていいか分からないと、相談されたので、告白して気持ちを伝えたらと言ったら、フラれて傷つくのが怖いと言っていました。後輩は結局、告白しないまま終わりました。

私は好きな子には、告白して気持ちを伝えた方が絶対に良いと思います。もしかしたら、付き合えるかもしれません。フラれて傷付くかも知れませんけど、それも人生の勉強です。気持ちを伝えられなくて、後悔するかもしれません。私も若い時、傷付くのが怖くて告白できない事がありました。

好きな人を見つけて、お付き合いし、妻と結婚する事ができました。今は妻と子供の為に仕事を頑張っています。独身の頃より真剣に仕事をするようになりました。

若い人も積極的に恋愛をしてもらいたいと願っています。

理想が高すぎる女性はモテない

誰しも、付き合うにあたって「理想のタイプ」という物はあります。

とはいえ、あまりにも理想が高すぎると、現実との乖離が起き、チャンスを逃してしまうこともあります。

具体的には、以下のような理想像です。

「優しくてイケメン」

理想の相手の条件に、「優しい」+「イケメン」の二つを挙げる女性は少なくありません。
確かに、この条件を満たした男性ならば、一目惚れしてしまう可能性は高いといえます。
しかし、どちらも兼ね備えている男性を見付けるのは、並大抵のことではありません。
それよりも、身近な男性のよい所を発見するようにしたほうがよいでしょう。

「背が高く、がっしりしている」

このような男性は、「しっかり守ってくれる」というイメージがあるので、多くの女性が魅力を感じます。
しかし、近年は細身の男性が流行りであり、あえて筋トレに励んでいる人というのは多くありません。
交際してからでも体を鍛えることはできるので、体型にはあまりこだわらなくてもよいでしょう。

「カッコいいうえに面白い」

こういう男性と一緒にいたら、楽しい時間を過ごせるのは間違いありません。
しかし、話が面白い男性というのは、えてして「見た目ではモテないから、話術を磨くことに全力を注いだ」というケースが大半です。
カッコいい男性ならば、何もしなくてもある程度はモテるので、話術を磨く必要がないからです。
ですから、両方を兼ね備えた男性は、ごく少数です。
それよりは、「カッコいいうえに、一緒にいると落ち着く」というように、考え方を変えたほうがよいといえます。

「理想の数が多い」

理想のタイプを訊かれて、三つ以上の条件がパッと出て来る女性は危険といえます。
男性からすると、「面倒くさそう」としか思えないからです。
むろん、理想を完全に捨てる必要はありませんが、恋愛の始まりにははっきりした理由がないことも意外と多いので、「これとこれとこれを持っている相手でないとダメ」と決め付けてしまわないようにしましょう。

出会いの多い習い事について

出会いがないとお悩みの人の中に、どうすれば出会うことができるのかがわからないという人がいるのではないでしょうか。確かに、普段の生活の中で出会いを見つけようと思ってもなかなかうまくいくものではありませんよね。そんな方にお勧めなのが「習い事」です。今までやった事のない新しいことにチャレンジすると共に、一定のコミュニティに所属することができますので、今まで出会ったことのないような人達とであることができます。そこで、今回は出会いのチャンスにあふれている、出会いの多い習い事を紹介していきたいと思います。

「1.出会いの多い習い事①-英会話ー」

仕事で英語を話す機会がありそうなので、英会話を習っておきたいと思っている方は多いかと思います。そんな方であれば、出会いの大チャンスが待っているということ思っていいでしょう。まず、他の習い事との大きな違いとしては、マンツーマンではなく、複数の集団で習うことができるという点(講師の方との出会いと求めている場合は別ですが・・・)、そして、英会話ということで、受講者とのコミュニケーションをとることができるという点です。このなかで、一緒に英会話を受講している人と仲良くなれば一気にチャンスは広がっていくことでしょう。

「2.出会いの多い習い事②-社交ダンス-」

ザ・大人の習い事でもある社交ダンスですが、これは出会い要素満点でもあります。まず、社交ダンスとは、男女がペアになって踊るという特徴がありますので、どんなことがあっても異性とコミュニケーションを取ることになります。それがきっかけで仲良くなることができれば一気に恋愛に繋がっていくことも考えられますし、社交ダンスの密着感がさらなるドキドキ感を作り出してくれることでしょう。

「3.出会いの大チャンス③ー料理教室ー」

料理ができる女性というモノはいつになっても男性からの支持が根強いですよね。だからといって、料理教室は女性ばかりで出会いがないというわけではなく、最近では男性でも料理教室に通うという人も多く、一緒に料理を楽しむ中で中を深めることが可能です。また、料理を作った後はみんなで料理を食べながら楽しく会話をすることもできますので、出会いのきっかけになりやす習い事といえるでしょう。

「まとめ」

いかがでしたでしょうか。出会いを作る方法としては、合コンや婚活などの直接的な方法がありますが、そういうガツガツしたようなのは少し苦手だと思っている方には習い事をお勧めします。何より出会いを求めてきているという意思を隠して、純粋に習い事をしたいとふるまうことができる分、やりやすいのかもしれません。習い事を選ぶポイントとしては、一緒にやる人とのコミュニケーションが多く取れたり、距離感が近いなどがありますので、今回ご紹介した習い事はもちろん、習い事には出会いのチャンスが多く転がっていると言えるでしょう。

興味のない相手にばかりモテてしまう女性の特徴

興味のある相手に振り向いてほしいのに、なぜか興味のない相手ばかり寄って来るという女性はたまにいます。
もちろん、人に好かれるのは悪いことではないのですが、どうせなら興味のある相手に好かれたいものです。
しかし、以下のような特徴がある人は、興味のない相手ばかり寄せ付けてしまう可能性が高いといえます。

「好きな相手の前だと素を出せない」

誰しも、気になっている相手の前だと緊張してしまいますが、あまりにも控えめな態度だと、相手は「自分に興味がないのかな」と思ってしまいます。
一方、興味のない相手の前では素でいられるので、逆に好かれてしまうのです。
無理に好かれようとする必要はありませんが、ある程度は素の部分を出して行ったほうがよいでしょう。

「弱さを見せることがよくある」

片思いの辛さについて男友達に相談したら、「だったら自分と付き合わないか」と言われるケースがままあります。
うかつに弱い面を見せてしまうと、「傷付いているのかな」「そんなに辛いなら、慰めてあげたい」というように、興味のない相手を引き付けるきっかけとなりえます。

「誰にでも優しい」

確かに、優しい人は誰からも好かれます。
しかし、気になる相手もそうでない相手も平等に優しくしまうのはNGです。
気になる相手からは「単なるいい人」としか思われず、そうでない相手からは「自分のことが好きなのではないか」と思われる結果になりがちです。
もちろん、あまりにも差別的な扱いをするのはいけませんが、気になる相手に対しては、少し特別な接し方をしたほうが、気持ちが伝わりやすくなります。

「理想が異様に高い」

片思いの相手のレベルが高すぎると、振り向いてもらうのは困難です。
これまでの話とは矛盾するからもしれませんが、むしろ興味がないくらいのほうが、丁度よい相手だったりします。
恋愛に限らず、人間関係は同じくらいのレベルの相手と付き合うのがうまく行くので、あまり理想を追いすぎないほうがよいかもしれません。

ノウハウで作る関係、そうでない関係

ノウハウに頼れるならば頼りたい、恋愛に関する問題に直面する時の切実な思いかも知れません。恋愛初心者でも達人(?)でも、そこは同じです。

皆失敗したくないし、何より嫌われたくないから。一度切れてしまった関係を修復するのは、決して簡単な事ではないから。そうでなければ世の中にこれほど恋愛ソングが蔓延する訳がありません。

ノウハウを効果的に活用する為には、まず「相手をよく知る事」です。自分の色眼鏡は一旦横に置いて、冷静な目で相手を観察してみます。すると今まで見えなかった相手の特徴や癖が見えてくるはずです。

大抵の人は褒められると調子に乗ります。相手の事を知りたいと思ったら、まずは褒めてみて口を割らせるのも一つの手です。おだてに弱いのか、それとももっと注意深い性格なのか。異性に褒められて調子に乗りすぎる男性はやっぱり多いので、反応をよく見てみましょう。

ノウハウではないのでは、と思われるかも知れませんが、よくある事(ここでは褒める事)をした時の反応は、いろいろな面で参考になります。

注意したいのは、あの手この手で手に入れた相手は、あくまでも「ノウハウ」で作られた関係かも知れない、という事です。もちろん初めはお互いうまく引っかかたけど、時が経てばこれはよかったかも知れないなという関係に成長する事もあるでしょう。とても幸運な例です。

人の心の中を覗く事は、どんなに親密な関係になったとしても、できないもです。恋愛関係というものは、相手がある事ですからうまく手に入ったしスムースに続いている関係だ、と思う相手であっても、相手が本当に何を考えているかは分かりません。

ノウハウやハウツー的な行動で手に入れた相手程、もう大丈夫だろう、と安心しがちな気がします。ここまでしたのだから、もう自分から離れる事はないだろう、と思ってしまうのです。

ここで考えたいのは、ノウハウというのはあくまで関係を始める為、初期段階の手の一つに過ぎないかも知れないという事です。あくまで「きっかけ」を作るようなものだと思います。

お付き合いが始まったら、ノウハウで作った関係から脱皮して、恋愛関係になれればそれが一番だと思います。

婚活アプリで婚活成功

27歳で彼氏と別れどうしようと途方にくれていました。頑張って出会いはするけどなかなか合う人がおらず、付き合ってもしばらくすると別れていました。

まわりは結婚ラッシュで、私ももともと結婚願望が強かったのでかなり焦っていました。合コンや友達の紹介もあまりあてにならなかったのと、今回こそは本気で婚活したかったので、別の方法を探すことにしました。

友達や家族のだれにも見つからずにできるもの、手軽にできるものが良かったので婚活アプリを利用することにしました。

omiaiとペアーズにに登録しました。両方とも無料で、登録も簡単、身分証明を提出しなければならないので安心でした。登録してはみたものの、男性からのいいねはなかなかありませんでした。

やはりこちらから積極的にいかないといけないと思い、地域、年齢、学歴、職種などでしぼって検索し、自己紹介文や写真を見ながらいいねしていきました。そのうち何人からかいいねが返ってきました。

そしてメッセージ交換、ラインをするようになりました。同時に5人くらいラインしていると訳が分からなくなってきて、失敗もありましたがとにかく頑張って次につなげようとしました。ラインをしたのは計8人くらいで、そのうち会ったのは5人ほどでした。

そのうち一人はドタキャン、二人は一度会っただけで終わりました。残りの二人とは仲良くなりました。そのうち一人とは、ライン中からとても楽しくていい感じで、初めて会ったときも緊張はしたけど安心感があって落ち着く感じでした。

二回目会った時に告白されて付き合うことになりました。もう一人の人もとてもいい人でしたが、タイミングが合わず、今も友達としてお付き合いしています。付き合うことになった彼とは順調にデートを重ねましたがなかなか結婚には至りませんでした。

私は付き合って一年で結婚を決めたかったのですが、彼はなかなか決めてくれませんでした。でも彼のことが好きったので待ちました。二年半後にプロポーズされました。

そして付き合って三年後に結婚式を挙げました。

私の友人も婚活アプリでうまくいっている人が多いです。婚活アプリは本当におすすめなのでぜひやってみてください。

私の初めての恋愛の思い出。

私が中学校時代の初恋のお話です。

当時の私は好きな人や恋愛に全く興味がありませんでした。なので、初恋自体もまだでした。それどころか、嫌いなタイプの人ばかりから好かれてしまって学校に行くのが苦痛になってしまう時期もあったぐらいだったので、恋愛なんてしなくていいや。と思っていました。

学校の男子は幼稚で意地悪で、優しくて大人っぽい人に憧れていた私には眼中にありませんでした。今から思えば、中学生なんて子供っぽくて当たり前だと思いますが、当時の私は受け入れることができませんでした。

そんな私の前に現れたのは同じ塾に通う、同い年の別の中学生でした。スラッと細く、身長も高い。全く関わりのない私にも優しく接してくれる。笑顔が素敵で雰囲気が穏やかで尚且つ爽やか。頭も良く、性格も礼儀正しく、前向き。まるで少女漫画に出てきそうな男の子でした。

もしかすると、もう6年前ぐらいの話なので私の脳内で多少、美化されているかもしれませんが、ほぼ事実だと思って頂きたいです。

好きになったきっかけは極めて単純です。個別塾で同じ担当の先生に受け持ってもらい、何度か同じ時間帯に一緒に授業を受けている内に顔見知り程度になり、そこから気さくに相手から話しかけてくれるようになり、当時の私は男の子はみんな幼稚で意地悪だと思い込んでいたので、全く関わりのない私なんかに気さくに話しかけてくれたことが、とても嬉しくて嬉しくて仕方なかったです。

話せることでこんなにも嬉しくなれたり、もっと話したいと思うようになったのは初めてだったので、気づけば恋をしていたんだなと感じました。恋というのは、突然起きるものなんだなと学びました。そして、恋は何気ないきっかけで起こるとも思いました。

恋愛は楽しいものですが、切ないものでもあります。結局私は告白など出来ずに塾をやめてしまったので今となっては少し後悔が募ります。告白することってとても大切です。もしも、今恋をしている方がいたらぜひ想いを伝えてください。